ここから本文です

国際法務の部屋

深セン出張雑感

12月1日から4日まで出張で深センに行ってきました。

これまでは、香港経由で深セン入りしていたのですが、今回は関西空港から直接深セン空港への直行便に乗ってみました。どうやら、深セン空港の国際線の離発着便は以前に比べてかなり増えているようです。いつの日か、香港から国際ハブ空港の座を奪う日が来るかもしれません。

米中貿易摩擦のマイナス影響を受けている製造業は多いものの、深センの携帯電話会社やハイテク企業に対して部品等を納入している日系企業は取引を伸ばしているケースもあるようです。

また、大湾区9 都市(広州市、深圳市、珠海市、仏山市、恵州市、東莞市、中山市、江門市、肇慶市)におけるハイエンド人材や不足人材に対して(大湾区9 都市に納付した個人所得税額-課税所得額×15%)の金額を補助する広東・香港・マカオグレーターベイエリア個人所得税優遇政策に関する通達が現地でのホットトピックとなっているようです。

深センを訪れるたびに良い出会いがあり、ネットワークが拡がっていきます。来年また深センを訪れるのが楽しみになりました。

文責 河野雄介

2019年12月13日 17:21|カテゴリー:

|タグ:

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です