ここから本文です

国際法務の部屋

JETRO(国際取引法務に係る相談弁護士業務)

先日、JETRO(独立行政法人日本貿易振興機構)で、「TPP加盟国およびその他の国・地域への事業展開(進出および輸出)に取り組もうとする、あるいは取り組みを拡大する中堅・中小企業等を対象に、各企業の事業計画とその進捗状況およびニーズに応じて、海外への事業展開を前提とした国際取引法務について専門的知見を以って支援を行い、それら企業等の海外進出、輸出増大の実現を目指す。」ことを目的として、国際取引法務に関する助言・アドバイスを行う弁護士を、10名程度、募集しました。

 

上記の目的は、クロスボーダーな経済活動を行うクライアントに対し、適切なリーガル・サービスを提供し、それによって、クライアントと共に成長するという、アクシス国際法律事務所及び私の想いにも合致することから、当所の河野弁護士とともに応募しました。その結果、書類選考の後、面接を経て、無事、採択されました。しかも、募集人数10名程度の中、当所から、河野弁護士と私の2名が採択されました。

これは、当所が、平素、クロスボーダーな経済活動を行うクライアントに対し、適切なリーガル・サービスを提供すべく務めていることが、多少なりとも寄与したのではないかと考えています。

 

今回の応募・採択を通じ、今後も、これまで以上に研鑽を積み、クライアントの皆さまに適切なリーガル・サービスを提供することによって、JETROの上記目的である、「企業の海外進出、輸出増大の実現」に貢献すべく、努力を惜しまずに業務に取り組もうと、改めて思いました。

(文責:藤井宣行)

2018年09月25日 09:59|カテゴリー:|コメントはまだありません
1