ここから本文です

憩いの部屋

揺さぶられっこ症候群を考える(1)

当事務所では、ベンチャー法務の部屋、国際法務の部屋という2つの部屋を設けていることからもお分かり頂けるとおり、ベンチャー法務と国際法務を業務の軸としています。

もっとも、業務はそれに限定されるものではありません。

今回は、私が弁護士になって以来、ライフワークの一つにしている「子どもに関する法律」の分野で、皆さまにも知って頂きたいテーマである、「揺さぶられっこ症候群」(Shaken Baby Syndromeの頭文字をとって、「SBS」と略されることもあります。)の問題について紹介します。

まず、揺さぶられっこ症候群とは、未だ首の座っていない乳幼児が強く揺さぶられることで脳が損傷することによって起こる諸症状(急性硬膜下血腫等)のことを言います。

近頃、家庭内で乳幼児に急性硬膜下血腫が生じたというケースにおいて、「保護者が子どもを揺さぶって虐待した疑い」とされて、傷害罪や殺人未遂罪などで逮捕・起訴され、有罪判決を言い渡されるという報道が散見されます。

 

 

今、この「揺さぶられっこ症候群」を巡ってどのような問題が発生しているのか。

「子どもは守られなければならない。」「児童虐待はあってはならない。」このことに疑いの余地はありません。

ところが、現在の日本では、『乳幼児に、硬膜下血腫、脳浮腫、網膜出血の三徴候が認められた場合、その症状は、故意の揺さぶり=虐待によって生じたものである。』という理論(以下「SBS理論」といいます。)に基づいた逮捕、起訴、児童福祉法に基づく親子分離といった運用がされてしまっている状況です。

 

 

果たして本当にそうなのか?上記の三徴候は、家庭内におけるソファーなどの低い場所から落下する日常の事故でも生じるのではないか?

現に、アメリカやイギリスといった海外諸国では、SBS理論の理論的根拠等を疑問視する見方が強まっており、スウェーデンでは、2014 年に最高裁判決で、2016 年に医療技術諮問委員会(SBU)が三徴候(硬膜下血腫、網膜出血、脳障害)から暴力的な揺さぶりがあったことを診断するという方法には科学的エビデンスがないと判断されました。

しかし、未だ日本ではSBS理論に基づいた逮捕、起訴、児童福祉法に基づく親子分離といった運用が続いています。

このような背景のもと、SBS理論を再検証すべきであるとして、法学研究者や弁護士を中心として検証プロジェクトチーム(SBS検証プロジェクト)が発足しました。私もその一員として研鑽を積んでいます。(https://shakenbaby-review.com/index.html

上記プロジェクトのホームページにも記載があるように、もちろん乳児虐待は決して許されないことです。しかし、無実の養育者が、不確実な理論で誤って虐待者とされ、刑事事件の被疑者、被告人とされること、また同理論に基づいて児童福祉法による親子分離がされることも絶対に許されません。そのような事態は、誤って疑われた養育者だけでなく、子どもたちにも大きな不幸を及ぼしかねません。このことは、すべての人の共通の思いであると考えています。

我々は、この共通の思いの下、同じ方向を向いて、子どもを守るためのよりよい制度を構築していかなければなりません。そのための第一歩として、この問題をできるだけ多くの人に知って頂きたいと考えています。

 

(文責:三村雅一)

2018年10月05日 10:36|カテゴリー:|コメントはまだありません

私の趣味(スポーツ編)

今回は、憩いの部屋ということで、私の趣味について紹介します。

私は中学から関学出身であるため、受験のことを全く気にすることなく、中学・高校とテニス部に所属し、部活に青春を捧げてきました。そして、弁護士になった今もテニスを続けています。

毎年7月に、西日本法曹テニス大会という大会が開かれ、西日本の弁護士、裁判官、検察官が熱戦を繰り広げます。そして、同大会で優勝したペアには、毎年8月か9月に行われる、全国東西対抗法曹テニス大会において、その年の「法曹日本一」の座を懸けて、同じく東日本法曹テニス大会で優勝したペアと対決する権利が与えられます。

私が初めて西日本法曹テニス大会に出場したのは、司法試験に合格して修習生となった2007年のことでした。当時の私は、中高とテニス部であったこと、その後もテニススクールでアルバイトをしながらテニスを続けてきたことから、好成績を収められるに違いないと考えていましたが、そう甘いものではありませんでした。

その後、2012年になり、ようやく西日本大会で優勝し、その年の全国東西対抗法曹テニス大会で東の優勝ペアに勝ち、見事法曹日本一の称号を手にしました。が、それからの6年間、優勝からは遠ざかっています。

 

裁判官、検察官、弁護士になる人たちは勉強ばかりしていて、スポーツとは縁遠いのではないか?と思われる方もいるかもしれません。私も最初はそう思っていました。しかし、法曹テニス界においては、元インカレ選手や元国体選手など、そのレベルは非常に高いです。また、法曹には負けず嫌いな人が多いようで、皆が真剣に試合を戦い、悔しい思いをした人たちは来年に向けてそれぞれが一年間努力を重ね、レベルアップして戻ってきます。

そういった事情もあり、テニスを楽しむ法曹にとって毎年夏は一年に一度の大舞台となります。

私は、この大会があるおかげで、毎週1~2回はテニスの練習をするようになり、動ける体をキープするためにジョギングもするようになりました。このような定期的な運動によって、健康診断の結果はパーフェクトとなり、日頃の仕事の疲れも解消され、より仕事にも集中できるようになりました。

また、法曹テニスを通じて、大阪だけでなく、全国に親しいテニス仲間が増えました。さらに、法曹だけでなく、一緒にテニスの練習をする仲間、草トーナメントに出る仲間など、テニスを通じた人の輪がどんどん広がっています。

仕事はもちろんですが、仕事以外にも真剣に打ち込める何かを持つことによって、より充実した生活が送れるのではないかと思います。

来年こそ、法曹日本一に返り咲くべく、精進したいと思います。

 

(文責:三村雅一)

2018年09月13日 10:34|カテゴリー:|コメントはまだありません

アクシス国際法律事務所は、設立1周年を迎えました

アクシス国際法律事務所は、おかげさまで、平成30年9月1日で設立1周年を迎えました。

チーム一丸となって走り続けてきた結果、事務所のメンバーや体制も充実してきました。

たとえば、国際分野では、李航律師(中国律師)のオブカウンセルとしての参画、ASEAN 各国に拠点を有する法律事務所との業務提携など 渉外業務に対応するための体制が整いつつあります。今後は、渉外法務に関する各種 セミナーも企画しています。

1周年記念の日には、事務所のメンバーと家族で、バーベキューパーティーを開催し、1年 間の疲れを労うとともに、さらによい事務所をつくっていこうと、決意を新たにしました。

今後とも、所員一同団結して、「弁護士の使命を貫徹し、プロフェッショナルとして、『本物』 の価値を全力で提供し続けることによって、より良い社会の構築に貢献する」という事務 所のスローガンを肝に銘じて、クライアントの皆さまのビジネスを加速できるよう、さらに走り 続けたいと思います。

引き続き、よろしくお願いします。

(文責:河野雄介)

2018年09月12日 23:22|カテゴリー:|コメントはまだありません

SNSと私の弁護士業務

森理俊です。

暑い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか。当ウェブサイトでも、「憩いの部屋」を設置しましたが、しばらく投稿がなく、寂しいため、私から投稿することにしました。

しかしながら、書くことを考えるために、何か話題がないかと頼ろうとする先は、スマホアプリ依存症気味のため、どうしても、SNSになってしまいます。。。しかも、そのSNSを見ていると、思わず楽しい投稿に目を奪われて、筆が進みません。

SNSなどのコミュニケーション手段も、最近は種類が増えて、大変です。
私は、主にベンチャー法務に取り組んでいますので、メジャーどころのSNSを押さえておきたいと思うものの、他人との通信が、どのSNS経由だったのか、わからなくなることがあります。
SNS毎に役割もある程度分かれているとはいえ、大抵DM機能があるので、厄介です。

メジャーどころのSNSで私が使っているものだけでも、

名刺交換がわり、日常的に会えていない友人知人とのやりとり:facebook,
情報収集ツール:twitter,
ビジネスチーム内コミュニケーションツール:slack,
プライベートのチーム(オヤジの会)のコミュニケーションツール:chatwork,
タスク管理:backlog,
外国の方:LinkedIn,
写真見るだけ:Instagram,
基本会話、たまにクライアントとのメッセージのやりとり:skype,
中国関連:WeChat,
職場内:IPMessenger,
基本プライベート:LINE,
ビジネス全般(SNSとは言いませんが):e-mail,
親:ショートメール
くらいが、日常的に登場します。

改めて書き出すと多いですね。。。

皆様は、どのようにして、整理されているでしょうか。

目や声、表情といったコミュニケーションも大事にしたいと思いつつ、ついつい電車の中ではSNSに没頭してしまいます。

SNS は、あくまでもツールなので、人生を楽しく豊かにする方向で、活用していきたいです。

(文責:森 理俊)

2018年09月03日 12:26|カテゴリー:|コメントはまだありません

憩いの部屋を始めるにあたって

この度、当事務所では、「憩いの部屋」という名前で、第三のブログ配信を立ち上げることにしました。

ここでは、当事務所や当事務所の弁護士を身近に感じて頂けるよう、堅苦しくない内容で、日常の出来事や雑感などを記せればいいな、と考えております。

これからも、アクシス国際法律事務所を宜しくお願いいたします。

2018年07月27日 13:37|カテゴリー:|コメントはまだありません
1