ここから本文です

海外拠点

network

海外で既にビジネスを展開されている、又は、今後海外でのビジネス展開を検討されているクライアントのために、中国におけるアクシスグループとしての拠点やASEAN諸国に拠点を有する提携先法律事務所と緊密に連携のうえ、迅速かつ高品質なワンストップサービスをご提供する体制を整えております。

海外拠点(アクシスグループ)

亚科喜咨询(深圳)有限公司

住所:深圳市南山区南海大道1079号数码大厦B座2楼B101

当事務所発の海外拠点として、2018年、中国の深圳に、亚科喜咨询(深圳)有限公司を設立しました。日本の法律事務所としては、調査した範囲では、初めて深圳に拠点を設けた事務所となります。
深圳の急速な経済発展に伴い、深圳を中心とする地域へ進出する日本企業や、日本を投資対象とする中国投資家等、日中間の様々なビジネス上の連携が増え、日本企業と中国企業が共同でビジネスをする機会が増加しています。当事務所への依頼も増えていることから、よりサポート体制を充実させ、深圳での情報をいち早くお届けできる体制を構築しております。

提携先法律事務所

ケルビン・チア・パートナーシップ
(業務提携)

当事務所は、ASEANにおけるリーガルサービスを強化するため、2018年5月28日付で、ASEAN諸国に拠点を有するケルビン・チア・パートナーシップと業務提携を行っております。
ケルビン・チア・パートナーシップは、シンガポールに本拠をおき、各地域において包括的なリーガルサービスを提供することができる法律事務所です。同法律事務所は、ヤンゴン、マンダレー、バンコク、ハノイ、ホーチミン、プノンペン、ジャカルタ、上海等に拠点を有するとともに、フィリピン、マレーシアその他の地域に関するリーガルサービスを提供することが可能です。民事訴訟や訴訟及び仲裁、一般的な商取引に関するリーガルアドバイス、銀行業務や資金調達、企業の合併・買収、雇用、知的財産、不動産に関する事項等を幅広く取り扱っています。
両事務所の業務提携により、日本企業のASEANにおける拠点設立や運営、M&A、紛争解決、商取引等に関する高品質のリーガルアドバイスを提供するための充実した態勢が整います。
また、日本にインバウンド投資を行う海外企業のためのリーガルサポートを行う態勢もより充実したものとなります。
業務提携の詳細については、こちら【PDF】をご覧ください。

協力事務所

また、当事務所は、北京、上海、深圳、香港、台湾などの各地において、緊密に連携をとりながら業務を進めることができる協力法律事務所とのネットワークを有しております。